中古カメラ買取

中古カメラ買取のヒント

中古カメラの売り方について

カメラってドンドン新しい機種が登場します。
今最新のデジカメも1年後には型落ちになってるのがカメラの世界です。
そこでカメラ買い替えで損しないために、中古カメラを高く売る方法を知っておきましょう!
中古のカメラは結構イイ値段で売れます。
とくに最新デジタル一眼レフカメラは需要が多くあるため、新品価格の半値程度で売れることも珍しくありません。

 

カメラ下取りと買取どっちがトク!?


次に欲しいカメラが決まってるなら買取利用より下取り利用のほうが持ち出しが少なくなる可能性あります。
ただし、絶対にトクとはいえないところが難しいのです。

 

より確実な方法はカメラ買取店で事前に査定してもらい、下取り利用とどっちがトクになるか比べることです。
その際は必ず現物にて査定してもらいます。カメラ店のネット査定だけではダメです。

 

絶対に現物査定を心がけましょう!!

 

中古カメラを売却するときに難しいことのひとつが、現物じゃない査定はあてにならないことです。
仮にネットとかで「中古カメラの同機種」の買取価格を調べてみたところ、価格が10万円になってたとします。

 

しかし、その金額はあくまで参考程度の金額です。
実際のあなたが持ってる中古カメラがその値段で売れる保障はありません。

 

もっと高く売れる可能性もありますが、残念ながらほとんどのケースが安くなります。

 

どうして!?

 

それは、中古カメラの買取価格というのは高めに掲載されてるケースがほとんどです。
お店側としてはできるだけ高く売れる印象を与えたいため、価格を高めに表示しているのです。
もちろんこれが嘘というわけではなく、程度によって価格は大きく上下するため、最高値で買取できるカメラのケースを載せています。

 

だから、絶対に現物で査定してもらうことを心がけましょう。
現物査定は直接持っていくのが一番です。
近くの中古カメラ店へ持ち込みすればすぐに査定してもらうことできます。

 

5分〜10分あれば十分査定できます。

 

持ち込みなんて面倒


中古カメラをお店へ持っていくのが面倒だなぁ。。。
そう感じる方は出張買取を検討するのが良いでしょう。

 

中古カメラが数台あるなら出張買取を検討する価値あります。
出張買取なら持込する必要ないため、非常にカンタンに現金化することできます。

 

デメリットは、中古カメラ1台だけでは利用できないということです。
最低でも5台以上なくては、出張買取を利用することは難しいと思ってください。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ